読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい

どうでもいいでしょ

こんなの寒い痛い

夢にっき

あのひとにラブレターを書く夢を見た、綺麗な箱に入った香り付きのレターセットを探して。長い指と女っぽい爪が綺麗で好きだったの、あばらが浮きそうなくらい薄い身体も。多分客観的に見たら全然かっこよくなんてないし頼りない感じなんだけどそこが好きだった。というか今になって好きだったんだなって気づいたからもう全部遅い、メールアドレスもLINEも知らない。私のつまらない話だって真面目に聞いてくれたし、女の子扱いしてくれた、はいはいわかりましたお姫様、なんて言って。すきだなあ。私のアルバムにあのひとは「いつかどこかでまた会える日を楽しみにしています」って書いた、こんな文書く男子なんて他にいなかった。私はちょっとだけ困らせてやろうなんて思ってあのひとのアルバムにハートマークを書き散らしたけどどう思ったのかな、ああ痛々しい。